共同研究

足が速くなるダンスについて

公益社団法人日本ストリートダンススタジオ協会では、名古屋学院大学リハビリテーション学部の佐藤菜穂子准教授と「足が速くなるダンス」の共同開発を行っています。

この企画の実施に至る社会的な背景と、私たちの目標について

児童生徒の運動不足が問題視されて久しいですが、文部科学白書で指摘されている通り、子どもたちの体力は目標値とされる昭和60年頃のピーク時に比べ、依然として低い状態にあります。運動をする子どもと、そうでない子どもの二極化がみられる状況も、ここ数年あまり変化がみられていません。運動が嫌いな子どもたちに対して、「運動は楽しいからやってみよう!」と声をかけたとしても、自分自身で楽しそうだと感じなければ、積極的には運動にチャレンジしようと思わないのではないかと思います。

そこで、児童生徒に人気のある「リズムダンス」を活用し、足が速くなる要素が詰まったダンスの練習に前向きに取り組むことにより、「少し踊れるようになった!」「速く走れるようになった!」といった小さな成功体験をきっかけに、「運動が楽しい」「体育が楽しい」と感じることが出来れば、運動を積極的に行うようになるような児童生徒を少しずつでも増やせるのではないかと思っています。

今後はこの取り組みを全国の学校に広め、全国の児童生徒の運動への行動変容を起こす「きっかけ」にしてゆけたらと考えています。

「足が速くなるダンス」の要素について

速く走れるようになるためには、①ピッチ(足の回転数)を上げる、②歩幅を上げる、③安定した姿勢を保持する、の3つのことが重要になります。速く走るためのトレーニングとして、一般的には、「もも上げ」などの単純な動作の繰り返しや、走り方・走る姿勢を「言葉で指導」されることが多いです。しかし、小学生にとって単純な動作の繰り返しはおもしろくありませんし、言葉で説明されるのではなく、何かを模倣して動くことの方が分かりやすく、自然と動作が身につきます。

「足が速くなるダンス」では、足が速くなるための①~③のトレーニング要素を含んだ振り付けを作成しました。ダンスは音楽に合わせて仲間と同じ動きをするため、「楽しんで」走る練習ができることが最も大きな特徴です。音楽に合わせて、楽しみながら、自然と①~③のポイントを身につけることができます。また一定のリズムに合わせて振り付けを踊ることによって、走ることに必要なリズム感も身につきます。

子どもの発育発達の側面から考えても、ダンスには大きなメリットがあります。子どもの成長には、年代によって成長する部分に差があることが分かっています(スキャモンの発育発達曲線)。生まれてから小学生にかけては、バランス感覚・リズム感・敏捷性などの「神経系」が発達していきますので、単純な動作の繰り返しではなく、多様な動きを多く実践することが「神経系」の発達には重要であるとされています。ダンスは、多様な動きを振り付けから実践することができ、また同時にリズム感も養うことができるため、「神経系」の発達のための運動として、非常に有用であると考えられます。この点からも、ダンスを取り入れたトレーニングは、小学生のうちに積極的に取り組む必要があると考えられます。

企業の皆さまとのコラボレーションによる「足が速くなるダンス」の振り付け

SOMPOダンスプロジェクト (損害保険ジャパン日本興亜株式会社)

SOMPOダンスプロジェクトの一環として、「足が速くなるダンス」の授業実践用の教員向け研修会を全国で開催しております。東京会場での実施の際には100名を超える教員の皆さまにご参加いただきました。

教員研修会に参加した先生からの感想

東京都江戸川区立上小岩小学校
主幹教諭 飯森雅人先生

ここ数年、リズムダンスが広く体育の授業で行われるようになり、私自身も子供達と一緒にダンスに取り組むことが多くなりました。これまで自覚がなかったのですが、自分にリズム感が全くないということを思い知った数年間でもありました。そんな時、ダンスの研修会が開催されることを知り、参加をさせて頂きました。参加して一番感じたことは、気が付けば笑顔になっているということでした。「難しい~」と思うこともありましたが、それでも笑顔。やはりリズムに合わせて体を動かすということは楽しいことなのだと改めて感じた時間でした。貴重な機会を頂き感謝しています。ありがとうございました。
足が速くなるダンスは曲もリズムを取りやすく、子供達も楽しく取り組めると感じました。陸上運動につながる予備的な動きも含まれているため、運動会だけでなく、陸上運動の授業前に行う準備運動としても有効だと感じました。

SOMPOダンスプロジェクトで実施中の教員研修会がメディアに取り上げられました

読売新聞 北海道版
2019年4月19日掲載

北海道テレビ(HTB)イチオシ!!
2019年4月18日放送

北海道放送(HBC)今日ドキッ!
2019年4月17日放送

「足が速くなるダンス」の学校授業の様子などがメディアに取り上げられました

毎日新聞
近畿、中国、四国、北陸、九州版
2019年6月1日朝刊

毎日放送(MBS) ミント!
2019年5月31日放送

「足が速くなるダンス」小学校の体育授業での実践の感想

東京都西多摩郡 瑞穂町立瑞穂第一小学校 4年1組 生徒

モニター協力校 東京都西多摩郡 瑞穂町立瑞穂第一小学校
実践日 2019年2月14日

4年1組
担任 吉原先生

実践校の担当の先生の感想

先日はお忙しい中、瑞穂第一小学校に来ていただき、ありがとうございました。私もダンス初心者であり、今回講師として来て頂けると聞いたとき、子どもたちと一緒に喜びました。普段はできないことがあるとすぐに諦めてしまう児童が多いのですが、今回は2時間集中して振付を覚えようとし、最後まであきらめずに楽しく踊る姿が見られました。
「足が速くなるダンス」と聞いて、子どもたちも私も驚きましたが、振り付けの多くが足と腕の連動を意識した作りになっていると感じ、これからも体育の導入で取り入れていきたいと思います。子どもたちはあの日から休み時間に毎日楽しく踊っています。本当にありがとうございました。

参加した児童の感想(一部抜粋)

  • 教わったダンスは体の色々な部分を使っていて足が速くなりそうだと思いました。
  • 楽しいリズムダンスを教えてくれてありがとうございました。
    おかげで足が少し速くなりました。
  • ダンスを踊って足が速くなるのがうれしいです。
    最初はちょっとむずかしいダンスと思っていましたが、やっていくうちに楽しくなっていきました。
  • 説明が最初にあって、本当に足がはやくなるのかなぁって思いました。実際走ってみたら早かったです!
  • ボックスステップが完璧に踊れるようになりました。
    あれから毎日教えてもらったダンスをやるようになりました。足は速くなったような気がしました。
  • リズムダンスを踊って、僕は足が速くなったと思います。
    なぜなら昼休みに鬼ごっこをしている時、足が速くなったと感じたので、僕はそう思いました。
  • 楽しかったのは2人でタッチなどをするところです。理由はパートナーと仲良くなれる気がしたからです。
    ちょっと難しかったけど頑張って踊ったら、足が速くなった気がしました。また教えてください。
  • ぼくはこのリズムダンスで足が速くなると思います。
    なぜならリズムダンスで足をけっこう使うから足も速くなると思います。
    手もいっぱい使うから、足が速くなると思います。それとリズムダンスは面白かったです。

「足が速くなるダンス」の共同研究・監修者

佐藤 菜穂子(さとう なほこ)
名古屋学院大学リハビリテーション学部准教授、博士(教育学)、理学療法士

自身もヒップホップ歴18年のダンサーであり、ヒップホップダンスの動作分析を専門とする。ヒップホップダンスの練習のコツに関する研究や、健康への効果に関する研究を行う。小中学校でのダンス授業の指導に関するアドバイスや、高齢者の体力向上プログラムの作成など、ヒップホップダンスの特性を生かした取り組みを進めている。

教員向けリズムダンス研修会はこちら

ページの先頭へ