• ホーム
  • シニア向けダンス教室
  • はじめての健康ダンス教室

シニア向けダンス教室

はじめての健康ダンス教室

  • はじめての健康ダンス教室
  • はじめての健康ダンス教室

「踊育 ロコモとメタボ予防のための運動啓発プロジェクト ~ダンスを活用し、誰もが手軽に楽しく運動習慣を身に付けるための取り組み~ 」(後援:厚生労働省、スポーツ庁等)の一環として、公益社団法人日本ストリートダンススタジオ協会(NSSA)では、自治体や商店街、企業の皆さまなどと連携し、アクティブシニアの皆さまを対象とした「はじめての健康ダンス教室」を開催しております。

このダンス教室は奈良県立医科大学老年看護学講座(認知症予防のためのダンスプログラム)や、名古屋学院大学リハビリテーション学部(高齢者の体力向上のためのダンスプログラム)との共同研究によって開発されたNSSAオリジナルのダンスプログラムをベースにした振付でダンス教室を実施しております。

このダンス教室は以下の特徴があります

  • 特徴 1
    この教室は、介護状態にある方のリハビリを目的にしたものではなく、 元気なシニアの皆さんに運動をはじめる「きっかけ」を提供し、健康なシニアの身体の機能維持や体力の向上を目指しています。
  • 特徴 2
    出来る限りダンス初心者の皆さまにご参加を頂きたいと考えておりますので、基本的に全員踊れないところからスタートします。ダンスというと、「踊ったことなんてないから無理だ」「リズム感がないから恥ずかしい」と言われることがありますが、参加者は全員初心者なので、振付を間違えても全く恥ずかしくないという空間を作ることを意識して実施しております。
  • 特徴 3
    「ダンスならでは」と言えるような往年のヒットソングやディスコソング、また最近流行りのJPOPなど、参加される皆さんに耳なじみのある楽曲を使用しています。若年世代と同じような音楽を使うこともあり、若い気持ちでご参加いただき、運動の楽しさをお伝えしながら、継続の動機づけを図っています。
  • 特徴 4
    大学との共同研究により、シニアの皆さんに負担がかからない動きで構成されていますので、無理なく体を動かすことができます。楽しくダンスをしているうちに、いつの間にかロコモティブシンドローム(運動器症候群)の予防になり、結果として「転ばない身体」「介護にならない身体」を作ったり、認知症の予防につながることを目指しています。動きの中には、柔軟性の向上や関節の可動域の拡大、バランス力のアップにつながる動きなどが含まれています。
  • 特徴 5
    はじめての健康ダンス教室を規定回数以上参加された方は、介護予防活動のリーダー養成講座である「ダンスアンバサダー養成講座」に進んでいただくことができます(詳しくはダンスアンバサダー養成講座のページをご覧ください)。運動を自分たち自身で継続をしていただくためのプラットホームを提供しております。

はじめての健康ダンス教室の実施の流れ

「はじめてダンス教室」レッスン開始
【全8回】1回60分の流れ

開始前に血圧を測定し、当日の健康チェックを行います。

ケガをしないように準備体操をしっかり行います。

やさしい動きから少しずつ行い、曲に合わせて踊ります。

参加者同士でコミュニケーションを取りやすくするような工夫をしています。

お帰りの際は参加者とインストラクターが挨拶しながらハイタッチでコミュニケーションをとるようにしています。

はじめての健康ダンス教室の開催理由

高齢化社会の日本において、高齢者のQOLの維持・向上が重要視されております。QOLの維持のためには、介護に頼らない(介護予防)ことが非常に重要です。
要支援、要介護者数は平成28年11月末現在630万人を超え(厚生労働省発表)ており、65歳以上の要介護者で介護が必要に至った主な原因では、脳出血疾患(17%)、心疾患(4%)以外に、関節疾患(11%)、骨折・転倒(12%)と体力などの身体的な衰えに起因するものが多くの割合を占めております。また、認知症が主な原因で要介護になる割合も16%と非常に高い傾向があります。
そのような状態を改善すべく、日本ストリートダンススタジオ協会では、2016年に、ロコモティブシンドロームの予防に効果的なダンス「ロコモダンス体操」(※)を作成し、「踊育 ロコモとメタボ予防のための運動啓発プロジェクト ~ダンスを活用し、誰もが手軽に楽しく運動習慣を身に付けるための取り組み~ 」を展開し、幅広い世代の方のロコモ予防に貢献をして参りました。

2017年3月より、継続的に取り組むと認知症の予防に効果的なダンスプログラムについて奈良県立医科大学との共同研究をスタートさせ、また、2017年7月からシニアの体力向上に寄与することができるダンス運動について名古屋学院大学リハビリテーション学部との共同研究をスタートいたしました。これらの共同研究の成果を踏まえ、ロコモティブシンドローム予防に効果的で、かつ、認知症予防に効果的なダンスプログラムを、より多くのシニアの皆さんに実施していただき、ロコモや認知症が発症しないように広く普及をしてゆきたいと考え、ダンス教室を実施しております。

※ロコモダンス体操については、「踊育 ロコモとメタボ予防のための運動啓発プロジェクト」ページをご覧ください

踊育(だんいく)ロコモとメタボ予防のための
運動啓発プロジェクト

ページの先頭へ