• ホーム
  • 東北キャリア教育プロジェクト

東北キャリア教育プロジェクト

東北キャリア教育プロジェクト

「地域の踊り」と「リズムダンス」を融合した
キャリア教育プログラム

  • 東北キャリア教育プロジェクト
  • 東北キャリア教育プロジェクト

日本にはたくさんの歴史があります。児童が住んでいる町にも、たくさんの歴史があります。歴史には、地域のおじいさん、おばあさん、それよりも昔の人たちが、昔の出来事、体験を通して学んだ、大切なことがたくさん含まれています。昔の人達は、その体験を昔話や歌、絵や本など色々なカタチにして、後世に残してくれています。

このキャリア教育プログラムでは、児童が住んでいる地域で踊られている「踊り」を通して、昔の人達が後世に伝えたかったこと、この町の歴史や文化、想いを学びます。そして、踊りを通して学び取ったことをリズムダンスとミックスして、児童が地域を想うオリジナルダンスを完成させ、その歴史を繋いでいきます。

この授業では、地域の方に、踊りの歴史と、踊りの動きを教えていただきます。そして地域の方と協力をして、リズムダンスと踊りをミックスして、オリジナルダンスの作成にチャレンジします。児童と地域のおじいさん、おばあさんが切磋琢磨して完成したオリジナルダンスを発表会で発表をします。

児童の町にある踊りと、その踊りの歴史の学習を通して、昔の人が伝えたかった事や地域の歴史を学び、地元愛を育むキャリア教育プログラムです。

本キャリア教育プログラムの実践例の紹介

平成29年11月16日

栗原市立鶯沢小学校での栗原市の地域の踊りである「文字甚句」と「リズムダンス」を融合させたキャリア教育プログラム 公開実践発表会の様子

  • 実践例の紹介
  • 実践例の紹介

栗原市立鶯沢小学校で実施した、栗原市の地域の踊りである「文字甚句」を活用した「地域の踊り」と「リズムダンス」を融合させたキャリア教育プログラムの実践発表での担当教諭と文字甚句の指導者による取り組みを通しての感想と、元文部科学省国立教育政策研究所 生徒指導・進路指導研究センター統括研究官の 藤田晃之先生に「地域の踊り」と「リズムダンス」を融合させたキャリア教育プログラムについて講評いただいた動画を公開しております。

詳細はこちら

「地域の踊り」と「リズムダンス」を融合したキャリア教育プログラムの流れ

1. オリエンテーション&リズムダンスの授業

プロダンサーからリズムダンスの指導を受けます。リズムダンスの振り付けに、どのような意味がこめられているのかを学びます。

2. 指導者の方へお披露目

プロダンサーから学んだリズムダンスを地域の踊りを教えていただく指導者の方へお披露目(発表)します。

3. 地域の踊りの学習(座学)

地域の踊りの指導者の方から地域に伝わる踊りの起源や所作、歌詞に秘められた地域の伝統や歴史、文化などの背景を学びます。

4. 地域の踊りの学習(実技)

地域の踊りの指導者の方から、地域に伝わる踊りを指導していただきます。踊りの代表的な所作や大切な想いが込められた所作を学びます。

5. 「地域の踊り」と「リズムダンス」のミックスにチャレンジ

地域の踊りの指導者の方の協力を得て、「地域の踊り」と「リズムダンス」をミックスしたオリジナルダンスを創作します。踊りの指導者の方にもアドバイスをいただきながら一緒に創作するこで、地域の方との交流も深めます。

6. 「地域の踊り」と「リズムダンス」をミックスしたオリジナルダンスのブラッシュアップ

ミックスしたオリジナルダンスの完成度を高めます。発表する際に紹介する「チーム名」、「ミックスしたダンスのテーマ」、「発表前に円陣を組んで気合いを入れるチームの掛け声」をチームで相談して決めます。また、発表会では間違っても良いから思い切って踊ること、しっかりと応援をして盛り上げることなど、発表会での心構えを学びます。

7. 「地域の踊り」と「リズムダンス」をミックスしたオリジナルダンスの発表

地域の踊りの指導者の方をお招きし、創作したオリジナルダンスのお披露目をします。

8. 踊りの指導者の方との交流

お披露目したダンスの感想を述べていただき、ミックスしたオリジナルダンスに対しての更なるアドバイスや、踊りや地域についての児童から指導者の方への質問について回答していただいたり、オリジナルダンスを一緒に踊っていただいたりしながら、地域の方との交流を深めます。

9. 学習のまとめ

ワークシートへ学習のまとめをします。また、地域の方へのお礼のお手紙を書きます。

ポイント1地域の踊りを学ぶ

  • 踊りの歌詞に込められた想いを学ぶ
  • 踊りの所作に込められた想いを学ぶ
  • どのようにして踊られるようになったのかを学ぶ
  • どのように踊り継がれてきたのかを学ぶ

地域学習

地域に根付いた踊りは地域の歴史と密接なつながりがあるため、踊りの歴史を学ぶことは、地域の歴史や風土、伝統を学ぶことにつながります。

ポイント2地域の方から学ぶ

  • 地域の方から、踊りの所作や歌詞に込められた想い、
    踊りにまつわる地域の伝説や歴史、お祭り、風習、風土などを学ぶ

地域の伝統、文化の継承

地域の方から、踊り継いできた踊りや、踊りにまつわる地域の歴史や想いを学ぶことで、単なる踊りの学習ではなく、踊りの継承、地域文化の継承となります。

ポイント3地域の踊りとリズムダンスをミックスする

  • 地域の方の協力を得ながら、地域の踊りとリズムダンスをミックスにチャレンジをする
  • 地域の踊りの所作を、楽しい音楽やリズミカルな音楽に合わせてみる

地域の踊りにとって大切な所作の確認と踊りに対する親近感を醸成

地域の踊りにとって大切な所作、代表的な所作を保ちつつリズムダンスとミックスすることで、踊りの大切な所作、意味を再確認することができます。また、地域の方のアドバイスをいただきながら一緒にミックスにチャレンジしたり、子どもたちに馴染みのある楽しい音楽に合わせて楽しく取り組むことで、地域の踊りや地域の方に対しても親近感と愛着を持って学習に取り組むことができます。

ポイント4地域の踊りをミックスしたオリジナルダンスを発表

  • 子どもたちが創作した地域の伝統、歴史が詰まったオリジナルダンスを発表

創作したオリジナルダンスを発表する過程で、地域の踊りが、子どもたちの思い入れ深い踊りへと変化していきます

発表に向け、地域の踊りとリズムダンスをミックスしたオリジナルダンスを踊り込むことで、地域の踊りに対して愛着を持ち、子どもたちの思い入れが深い踊りへと変化していきます。発表した後の達成感は、地域の踊りに対する子どもたちの愛着心を更に高めます。

「地域の踊り」と「リズムダンス」を融合したキャリア教育プログラム 指導計画

実施事例

宮城県 栗原市立鶯沢小学校

  • 実践例の紹介
  • 実践例の紹介
対象 小学5年生16名
時間数 8時間
特徴 学習発表会で発表をすることを目指し取り組む
ミックスした踊り 文字甚句:
文字甚句保存会の菅原さち先生にご協力いただきました。

詳細はこちら

岩手県 盛岡市立東松園小学校

  • 実践例の紹介
  • 実践例の紹介
対象 3年生51名、4年生30名
時間数 9時間(振り返りの時間含まず)
特徴 春の運動会での発表(3,4年生合同発表)を目指して取り組む
ミックスした踊り さんさ踊り:
盛岡さんさ踊り清流の皆様にご協力いただきました。

詳細はこちら

福島県 郡山市立海老根小学校

対象 全校児童24名(1年生4名、2年生4名、3年生4名、4年生7名、5年生1名、6年生5名)
時間数 4時間(振り返りの時間含まず)
特徴 小規模校での実施で、全校生徒での取り組みの中で縦のつながりを強化することもねらう
ミックスした踊り わらじ音頭:
若鷺吉之輔先生(わらじ音頭振付作成者)にご協力いただきました。

詳細はこちら

福島県 福島市立余目小学校

対象 6年生29名
時間数 7時間(振り返りの時間含まず)
特徴 児童へ地域の踊りについて学ぶ機会を持ちたいとのことで取り組む
ミックスした踊り わらじ音頭:
若鷺駒志津先生(若鷺吉之輔先生のお弟子様)にご協力いただきました。

詳細はこちら

宮城県 川崎町立富岡小学校

対象 小学5、6年生27名
時間数 4時間(振り返りの時間含まず)
特徴 学習発表会などで発表をすることを目指し取り組む
ミックスした踊り 仙台すずめ踊り:
仙臺すずめ踊り連盟に加盟の祭連の皆様【喜月(きげつ)、すずめ連輝らら(きらら)、仙臺紅雀(べにすずめ)、柳生祭連(やぎゅうまづら)、うかれ榧の木(うかれかやのき)】にご協力いただきました。

詳細はこちら

福島県 福島市立第三小学校

対象 3年生52名、4年生67名
時間数 7時間(振り返りの時間含まず)
特徴 体育でのリズムダンス、社会科の地域学習の一環として取り組む
ミックスした踊り わらじ音頭:
若鷺駒志津先生(若鷺吉之輔先生のお弟子様)にご協力いただきました。

詳細はこちら

本キャリア教育プログラムを実施する際のサポート体制について

その1ダンスインストラクターの派遣について

平成30年度に本プログラムを活用をされる小学校、中学校へ無料でダンスインストラクターを派遣します。

  • ※1日のみ、3時間まで
  • ※福島県、宮城県、岩手県の学校のみ
  • ※申込み定数あり

ダンスの基礎指導と、地域の踊りとのミックスに必要な1分間の振付を児童へ指導します。

  • 運動会や学習発表会用に作成した3分間の振付も用意しています。
  • 45分~90分で児童が習得できる振付です。
  • 次回以降のダンス指導の参考として、当日のダンス指導の様子は、ビデオ撮影していただいて結構です。

1日の時間調整を工夫していただくことで1日3時間の派遣で「リズムダンスの授業」、「地域の踊りとリズムダンスのミックス」を実施することが可能です。

その2プログラム実施に必要なツールの提供

児童用のワークシート、指導案、ダンスの振付シートなど、授業実施に必要なツールは、下記よりダウンロードのうえ、ご活用ください。

キャリア教育プログラム実施ツール

  • 振付映像1分

  • 振付映像3分

※リズムダンスの音源、模範映像の動画データをご希望の先生は、下記までお問い合わせください。

リズムダンス音源、模範映像の動画データの問い合わせ先

公益社団法人日本ストリートダンススタジオ協会(NSSA)
TEL 06-6809-4161 FAX 06-6809-4163

ページの先頭へ